「年齢+検索キーワード」に見える、人生における”悩み”の変遷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「何かを知りたい」と思った時、現代人が最も情報を求める場所。
それは、検索エンジンではないでしょうか。

そんな検索エンジンで入力されるキーワードには、世の中の多くの人が求める情報が集約されており、時には面白い気付きを得ることができます。
そして、その検索エンジンには「サジェストキーワード」という興味深い機能があります。

Googleサジェストキーワード

 

厳密な仕組みまで公開されていませんが、簡単にいえば「そのキーワードと一緒によく検索されるキーワードを提示してくれる機能」です。
そこには、あるキーワードに対する人々の情報が見え隠れして、時にはとても興味深い示唆を得ることもあります。

 

そこで今回は「年齢」に注目をして、一緒に検索されるキーワードを調べてみました。
各年齢と一緒に検索されるキーワードには、その年齢固有の悩みや気持ちなどが現れるのではないでしょうか。

 

集計方法について

はじめに、今回の調査方法についてご説明します。

 

今回調査をしてみて、全年齢を通してよく検索されるキーワードのタイプが見てとれました。
それらは大きく、「教育系」「発育系」「仕事系」「収入系」「お祝い系」「妊娠系」「結婚系」「社会保障系」の8タイプに分けられます。

 

キーワード1つ1つを比べていては細かすぎるため、それらをグループとして色付けをして、見やすく工夫をしています。
また、時事的な要因や、固有名詞の影響と思われるキーワードは、今回の調査の趣旨から外れるため。除いています。
例えば「83歳が60歳の息子を殺害」といった事件によるものや、「17歳の地図」といった音楽作品に関連するものです。(すべてを除き切れていないかもしれません)

 

また、全年代で「芸能人」「西暦」といったキーワードが多く検索されています。
但しこれも、年齢ごとの特徴が見えるキーワードではありませんため、特にグルーピングの対象にはしていません。

 

なお、データは2015年1月2日現在のものです。
さて、以上を踏まえて、早速みてみましょう!

 


 

0歳~20歳 -教育・発育・お祝いが多い

0-20
やはり、生まれたばかりの頃は「教育系」「発育系」「お祝い系」が多いですね。
特に0歳から「英語」が3番目に検索されていることからも、現代における英語の重要性が感じられます。

 

・発達についての心配は5歳まで。体の発育への興味は18歳頃まで
子どもの発育に対する不安から検索されていそうな「発達」というキーワードは、6歳を過ぎるとなくなるようです。
6歳頃までは誰もが悩むようですので、あまり焦らずに子供の成長を見守りたいですね。

 

6歳頃からは、発達についての興味は、身長や体重に変わっていくようです。
身長については18歳を最後に見えなくなりますので、一般的に18歳くらいで身長については諦めるのかもしれません。

 

・如実に表れた幼少期の妊娠問題
情報が溢れたことにより幼少期の妊娠も、世の中の大きな社会問題になりつつあります。
検索キーワードとしてもなんと10歳頃から大きな心配事になっています。
10歳と言えば体も知識が多少備わってきたものの、将来のことを考えるほどまともな判断ができるはずもないあまりに未熟な時期です。
万一のリスクに備えて、しっかりと子供を観察したいですね。

 

・英語に対する興味は大学生がピーク
0歳の時には3位だった英語は、高校生ほどまでは一旦隠れてしまいます。
大学生になってからは一気に検索されるようになり、大学をきっかけに英語に対する焦りを感じる傾向が見て取れます。
果たしてこの焦りはいつまで続くのか?21歳以降が気になりますね。

 

・やんちゃ盛りな18歳~19歳?
また、グループ対象のキーワードではありませんが、18歳と19歳だけに見える「補導」の文字…。
子供と大人の中間の微妙な時期。ちょうどヤンチャ盛りな年代なのかもしれないですね。

 

21歳~40歳 -収入に対する興味が覇者に。30歳以降は女性の悩みが

21-40

 

・大学を卒業すると消えるえ「英語」への興味
18歳から急激に芽生えた英語に対する興味は、大学を卒業すると一気に醒めるみたいようですね…。
英語は社会に出てこそ大切ですので、もう少し上位に来てほしいキーワードな気がします。

 

また、大学生といえば、一定の経済力がついて恋人ができる人も増える頃。
「プレゼント」というキーワードが上位に見えているのが、甘酸っぱくていい傾向ですね。

 

・収入に敏感すぎる20代~30代
そして、やはり大人になってから、しばらくは「収入」などお金に興味が集中します。
特に25歳~30歳の収入についての興味は高いですね。
ただ、この時期はいわば修行の時代。多少年収が低くても、人よりも濃い経験をして優れた技能を身に付ければ、自ずと年収は高まっていくもの。
ですから、あまり収入に囚われずにキャリアを重ねてほしいと思います。

 

それに少し遅れて26歳頃から「転職」というキーワードが目立ってきます。
石の上にも三年、という言葉もありますが、やはり新卒から三年経つと転職を考え始める人が多いのかもしれません。

 

・30歳を境に芽生える結婚への焦り
また、仕事も大切ですが、同じだけ大切なプライベート。
「結婚」といった興味は21歳くらいから生まれてくるようです。
そして、30歳頃から「独身」といった、焦りを感じる言葉が目立つようになり、やはり皆30歳頃から結婚に対する焦りが生まれてくるように読み取れます。

 

また、30歳を過ぎてからは、女性の悩み系のキーワードがかなり目立ってきます。
特に35歳を過ぎてからは出産について心配することが多いようですね。

 

41歳~60歳 -諦められた結婚。そして絶えぬ出産についての悩み。

41-60

 

・心配事は、結婚から妊娠へ
40歳をすぎるとパタッと結婚についてのキーワードが見えなくなります。
40歳にもなると結婚している人が多いというのもあるでしょうが、もしくは結婚を諦めつつある年齢なのかもしれないですね。

 

一方で女性の出産に対する悩みが、この年代では急激に増えています。
晩婚化と医療の進歩によって40代の出産が一般的になってきていますが、やはり不安はつきもの。
この辺りのデリケートな悩みが顕著に見えますね。

 

・収入よりも、働きやすさ重視?
また、「収入」についてのキーワードもこの年代から急激に落ちています。
一方で「転職」といったキーワードが上位に逆転。
この年になると、収入よりも働きやすさなどを求めるようになるのでしょうか。
少し落ち着き時なのかもしれないですね。

 

・50代は、人生で最も安らげる時期?

また、他の年代に比べて50代は、あまり特徴的なキーワードが見られません。
もしかすると、経験を重ねて、心に余裕ができて、体も健康で、一番ゆったりと人生を楽しくことができる期間なのかもしれませんね。


 

61歳~100歳 -社会保障の心配と、祝福の狭間

61-80
81-100
ここからは一気に100歳まで。

 

・ことが起こってから悩む「保険」問題
60歳を過ぎると急に目立つのが「社会保障系」のキーワード。
特に「保険」に対する興味が目立ちます。

 

保険選びのサービスを提供する保険のビュッフェ様に取材をしたところ、この年になって体調を崩して保険に対して初めて真剣に悩む方が相当多いのだとか。

 

ただ、現実的にそういった事態に備えての事前の「保険」ですから、いざ体調を崩してからでは保険を選ぶのではもう遅く、加入できないことも多いようです。
保険について考えるなら、元気で体を壊さないうちの方が賢明ですね。

 

※取材にご協力頂いた無料の保険相談サービス「保険のビュッフェ」も良い選択肢です!

 

・年を重ねるごとに増える「お祝い」キーワード
また、やはりお祝い系のキーワードが急激に目立ってきています。
大切な人には長生きをしてほしいもの。
そんな素敵な気持ちが現れており、とても素敵な傾向ですね。

 

・高年齢でも現役の方に対する興味が目立つ
100歳に近づくと、職業系のキーワードが目立つようになります。
高齢になっても現役で活躍する方が注目をされているのでしょう。
ぜひ末永くご活躍をしてほしいですね。

 

但し、まだこの年代にはインターネットは普及していません。
ですので、どちらかというと親に対して子供が検索するキーワードが目立ちます。

 

将来、インターネット世代がこの年代になると寿命系や病気系など、もっとリアルな自分が主体となったキーワードが増えるかもしれないですね。

 


 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
改めて各グループの傾向をグラフでまとめてみました。
(1位を5pt、2位を4pt、3位3ptと減衰させて評価。また、年別のグラフだとジグザグで見づらいため、傾向が見えやすいように「過去3年間の平均値」の推移としています)

 

各年代グループごとの推移

 

目立つのが、収入に執着のあるアラサー世代。
結婚、出産に悩むアラフォー世代。
保険など、社会保障に悩む壮年期。
これらが特に顕著な特徴であるように読み取れます。

 

どれも言われてみれば「そうだな…」と思う内容ではありますが、改めてデータで見ると人間の悩みの変遷がリアルに感じられます。
この表から将来自分に起こりそうな悩みに備えて、しっかりとした準備を整えていきたいですね。

※最後に、改めて全年代を通した画像も設置しておきます。
(クリックで拡大します)

 

全年齢
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

深石 学コラムニスト

投稿者プロフィール

神奈川県生まれ。
複数の事業を経営する経営者の一面もある一方で、哲学、表現学、ビジネスをテーマとしたコラムニストとしても活動中。
心の持ち方次第で、自らの人生を素晴らしくも醜くもしている人々を見て、「考え方を変えれば人生が変わる」をテーマに、読み手の人生をわずかでも豊かにするための文章を綴る。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 「割り勘男子とは付き合うな!」女性とデート代を割り勘にしてはいけない理由

  2. 「やっぱりおかしくない」日本の交通取締り

  3. 「年齢+検索キーワード」に見える、人生における”悩み”の変遷

  4. モテたい女子は必見!合コンで狙った男子を逃さない方法

  5. 教育資金ってどうやって貯めればいいの?学資保険の三つのメリット

  6. 日本の借金は世界一?「国の借金」に対するまちがった理解

  7. 妻は何を求めている?昼顔妻の本音とは

ページ上部へ戻る