妻は何を求めている?昼顔妻の本音とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」が大ヒットし、同時に世の中の妻という立場にある女性の本音があちらこちらで見られるようになりました。今回は実際に不倫をしている人へ行ったアンケートの回答と共に世の女性が何を求めているのか、何のために不倫をするのかを考えていきたいと思います。


本当は女性は不倫をしたい?

今回20代~40代の既婚女性200人を対象にアンケートを行いました。

「不倫をしようと思ったこと、実際に不倫をしたことはありますか?」という問いに対し「はい」と答えた人は全体の156人で78%にのぼりました。これは筆者からしても予想外の多さでした。また、「はい」と答えた人の中で実際に不倫をしたことがある人は57人で約36%でした。今回のアンケートでは5人に4人が不倫願望があり、4人に1人は実際に不倫をしたことがあるという結果が出ました。


何故妻たちは不倫を考えてしまうのか?

今回のアンケート結果で最も多かったのは「夫が女として見てくれなくなったから」というものでした。

3人目の子供が産まれてからは夫とそういった行為をしていません。夫は私をママと呼びます。それが嫌で嫌でたまりません。趣味を通じて知り合った男性に名前で呼んでもらえるのが嬉しくて、単純ですがそれから関係が始まりました。(不倫経験有り/30代)

結婚して4年で2人の息子に恵まれましたが、下の息子を出産後自然とセックスレスになりました。現在は下の子も中学生になりましたが、十年以上セックスをしていません。このまま枯れていくのが怖くて不倫を考えてしまいます。(不倫経験無し/30代)

多くの意見は子供が産まれてから女性としてみてもらえなくなったというものでした。そして中にはこんな意見もありました。

夫はセックスを自分の快楽のためだけに行うため、嫌気がさし断っていたら不倫されました。やられたらやり返すではないですが、それから私も不倫を始めました。(不倫経験有り/20代)

女性よりも男性に見られやすいのが、快楽のためのセックスであるかと思います。女性は愛情の確認のために行う人が多い中、男性側の自分勝手なセックスが原因で不倫に走る女性もいるようです。


不倫のメリット・デメリットは?

実際に不倫をしたことがある方へ「不倫をして良かったと思うことがありますか?」と聞いたところ57人の内約90%にあたる47人が「良かった」と回答しました。その理由の多くが「夫に対して優しくなれた」というものでした。

不倫をするまでは主人の不倫を許すことが出来ませんでしたが、今はお互い様なので(不倫経験有り/30代)

子供たちと一緒になってママと呼ぶ主人を息子のように愛せるようになりました。(不倫経験有り/30代)

彼氏とはお互いの利害が一致していてわかり合えるので、とても楽です。主人への不満も週2回彼氏に会えるのでそこで発散できています。(不倫経験有り/40代)

またこのような意見もありました。

主人と出かけたりすることもなくなり、女として自分でも魅力がなくなってきたと思っていましたが、不倫相手である男性のために女性として輝きたいともう一度努力できるようになりました。(不倫経験有り/30代)

女性はいつまでも女性でいたいと感じるものであり、誰かのために自分を磨くことを喜びとする人も多いようです。しかし、不倫にはもちろんデメリットもあります。

彼氏と会っているときは主人よりも子供に申し訳ない気持ちになってしまいました。(不倫経験有り/20代)

不倫していることがバレたらと思うと怖くて結局1度きりで終わりました。その後は主人に対しての不満は溜まる一方だし、罪悪感もあるしと不倫前よりもストレスが溜まるようになりました。(不倫経験有り/30代)

不倫経験が有る中で不倫を継続しなかった人は、罪悪感を持ち、不倫をデメリットと感じてやめた人が多いようでした。


不倫をして得たいもの

今回のアンケートを通して、不倫をする女性の多くは家庭円満のために不倫をするという結果が見えてきました。不倫をする女性は家庭を壊すつもりはなく、大切だと思うからこそ防衛策として不倫をするようです。「不倫相手とご主人、他に問題(慰謝料や親権、状況、現状の不満など)がなかったとして選ぶのはどちらですか?」と聞いたところ「主人」と答えた人は約90%の179人でした。

主人が私を女として見てくれるのであれば主人を選びます。(不倫経験有り/30代)

不倫は女としての喜びのためにしています。主人がそこを昔のようにカバーしてくれるのであれば不倫相手は必要ありません。(不倫経験有り/20代)

多くの女性はご主人に女性として見てもらえるのであれば不倫は必要ないと答えました。このことから、女性が不倫をして得たいものの多くは女性としての喜びであるということがわかります。


まとめ

今回は不倫をする女性の本音を読み解こうとアンケートを実施し、この記事の執筆となりました。不倫はもちろん悪いことです。しかし、私は一概に悪いと言っていいものなのか答えに悩みます。不倫を肯定するわけではありませんが。

主人が私を恋人の頃のように愛し、女性として扱ってくれれば・・・私には主人と子供がいれば十分だったんです。主人に昔のような愛情を求め続けてしまう私が駄目なんですがそれでもやっぱり愛されたいと思うんです。(不倫経験有り/30代)

今回のアンケートでは多くの昼顔妻の本音はこういったものでした。どうか、男性の方は今一度奥様への接し方を見直して頂きたいと思います。また、不倫を考えている女性は行動してしまう前にご主人としっかり向き合ってほしいと思います。

 

※今回のアンケートは筆者が独自にSNSサイトなどで行ったものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 「割り勘男子とは付き合うな!」女性とデート代を割り勘にしてはいけない理由

  2. 「やっぱりおかしくない」日本の交通取締り

  3. 「年齢+検索キーワード」に見える、人生における”悩み”の変遷

  4. モテたい女子は必見!合コンで狙った男子を逃さない方法

  5. 教育資金ってどうやって貯めればいいの?学資保険の三つのメリット

  6. 日本の借金は世界一?「国の借金」に対するまちがった理解

  7. 妻は何を求めている?昼顔妻の本音とは

ページ上部へ戻る